車載テスト

 

車載ソフトウェアのサイズは増加の一途をたどっており、その検証コストも開発コストの増大より大きな幅で増大しています。そのため品質を下げずに(人命に関わるため)、品質コストを下げる必要性があり、ソフトウェア品質保証担当者が悩む場面ではあります。プラスナレッジでは様々な車載テストや開発経験があります。是非ニアショアソリューションを相談してみてはいかがでしょうか。

・車載の網羅的単体テスト

自動車業界や医療においては網羅的単体テストが要求されます。C0, C1等の基準からwinAMSを使った、MC/DC網羅率まで厳しい単体テストが要求されることがあります。その場合、多くの工数が要求され、ときとしてはソースコードと同量の単体テストケースを書かなければならないこともまれではありません。その多量の単体テストケースを社内で行うのは時間的制約や、コストの制約があり難しくはありませんか?その場合はまず弊社にご相談ください。単体テストのエキスパートが、目標の網羅率まで網羅する単体テストを作成しますし、また弊社のコンサルティングがどの程度まで単体テストをやればよいかご相談を受けます。例えばGoogleでは以下の網羅率まで単体テストを行っている等、豊富な単体テストの経験からお客様に最適な単体テストソリューションを提供します。

・車載のシステムテスト

カーナビからヘッドアップディスプレイまで、車載のシステムテストの品質領域は大きくその品質要求もAndroidアプリのように多少のハングアップが許容されるものや、スピードメータのように絶対ハングアップが許されないものがあります。そのような多種多様の車載ソフトウェアを適正品質で出荷するためのお手伝いを提供します。以下の図は弊社で経験のある車載テスト領域になります。